BERGAMOT

GIFT

  • BLOG
  • Facebook

 

NewsはRSSで配信しています。
2017年02月16日
2017年3月8日ご注文分
より送料が改定になり
ました。
北海道/1,400円
東北/950円 
関東/860円
甲信越/860円 
東海・北陸/750円
関西/650円
中国/650円
四国/600円 
九州/650円
沖縄/1,400円
(全て税込み)

ひとくちメモ

しょうがの豆知識

しょうがの豆知識

健康志向の人が増えてきている現代では、健康的な食生活にこだわりを持っている方も多いと思います。
そんな健康志向の方におすすめの食材が、しょうがです。
そこで、しょうがの豆知識を少しご紹介いたします。

特徴

しょうがは、特有の辛み成分と薬効の高い食材として多くの方に親しまれています。
主に、料理に使う香辛料や調味料として利用していることが多いのではないでしょうか。
しょうがの活躍の場は幅広く、和・洋・中・エスニックなどの世界各国の料理に使用されているのはもちろんのこと、ジンジャーエールやしょうがシロップ、紅ショウガ、ガリなどにも使われています。

種類

根しょうが(ひねしょうが)

秋ごろに収穫して約2ヶ月以上自然乾燥させて出荷されている根茎の部分で、一般的に流通しているしょうがのほとんどが、根しょうがです。
香りや辛みが強いので、魚の生臭さをとるのに使ったり、薬味として使うことで味わいや風味を惹きたててくれます。

新しょうが

初夏に収穫されてすぐに出荷される根しょうがのことで、皮が白く茎の付け根が赤いのが特徴で、すっきりとした辛みなので酢漬けにして食すのがおすすめです。
また、殺菌力もあるのでガリにも適しています。

葉しょうが

新しょうがが育ち始めて2~3cmほどになった時に、塊茎に茎葉がついた状態で収穫します。
和食のお店などでは、甘酢漬けにした葉しょうがを焼き魚のあしらいとして添える事も多いです。

歴史

しょうがは、インドなどの熱帯アジアが原産とされていて、なんと紀元前から存在していた食材です。
それから、ヨーロッパや中国、イギリス、アメリカなどに渡り広められてきたようです。
日本でも古くから知られており、江戸時代には若い芽をお酒のおつまみにしたり、根茎を食していたようです。

当店では、そんなしょうがを使って作ったしょうがシロップなどを通販で販売しています。
しょうがシロップの使い方は、ジュースや紅茶などに入れて飲むのも良いですし、料理の隠し味としても活用することが出来ます。
しょうがシロップのセットなども取り扱っていますので、大切な人へのギフトにもお勧めです。ぜひこの機会に一度、お取り寄せしてみてください。